伊居太めだかのブログ

生態循環楽しんでいます

メダカ

手空きの多い冬場のめだか管理

投稿日:

冬場のめだか管理

ウチは、加温致しません。今年はその方向で考えてます。

 

本業もコロナの影響で週プラス1日程度休みがあったのが

11月くらいからスタッフの兼ね合いでプラスαの休日もなくなり、

週1.5休の休日にめだか撮影、出品、発送をこなしているのでなんなら手一杯な感じに。

さらに通勤代を浮かしたれ!と片道15キロ程度を自転車で通勤チャレンジなどをして

より一層体力を削ってしまい、回復に時間を費やしてます。

とりあえず、めだか出品と発送のルーティンを確立してもう少し無駄が無くなればより良いとは思いますが!

 

で、めだか撮影についてのトライエラーと、改善。

撮影容器、ライトの場所など様々変化させながら取り組みますが、

まだ今ひとつ魅力的に撮影できていない。

色揚がりがもう一つなのだろうが、色合いをグッと引き出せていない。

撮影の腕もまだまだ。

今日は容器を少し小さめにしてそれで撮影。

めだかの動きが制限できてこれはアリ

フラッシュやら、ライトの位置で印象が変わる。

上の写真個体は現在出品しております

 

冬場の色揚がりを期待して

気温低下と飼育水のグリーンウォーター化による水質アルカリ性を期待して

足し水程度で手を加えておりませんが、色揚げようの餌をビニールシートで覆った稚魚容器に与えてます。

色揚げ用の餌は稚魚(〜2ヶ月)にも有効で我が家の非透明鱗3色も同様に色が上がって来ているようだ。







-メダカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

稚魚用たらいの工夫

めだかの稚魚管理について 基本的にわが家の稚魚管理は品種ごとに容器分けをしていました。 しかし、シーズンオフ間際。 水量と日照を確保してベストなポジションで稚魚を育てていきたい。 また、ある程度のサイ …

アルビノめだかの針子飼育

こんにちは。 毎日うだるような暑さですね。 落ちるめだかも出てきそうですが、我が家は容器の水量で温度変化を少なくして メダカの負担を減らしているので、落ちる個体は少ないように感じています。 今日はアル …

百合と睡蓮鉢

  この投稿をInstagramで見る   メダカの交換した水をやりつづけたことで栄養が行き届き良い花が咲きました。 #メダカ #ユリ 清水 学(@gaku311)がシェアした投稿 …

no image

2022年版メダカ飼育で瓦チップを使った水質安定を目指す

2022年版瓦チップエアレーションシステム 2年前から瓦チップを使って試行錯誤していましたが、 昨年末、スリットポット(非常に安価)に塩ビパイプとエアストーンを仕込んだバクテリア濾過を期待したエアレー …

冬越しに向けての準備

稲わらにゾウリムシや納豆菌が存在し、それを餌にすることでメダカが栄養不足に陥ることなく生存率を上げる。 この理屈を理解した上に実験半分で、とある植物の葉を乾燥させて越冬用の隠れ家兼菌床として導入してみ …