伊居太めだかのブログ

生態循環楽しんでいます

メダカ

稚魚達すくすく育っています

投稿日:

おはようございます。

コロナの影響で週に一度平日休みがある状態なので、今日も世話とブログにせっせと励みます。

5月初旬生まれの稚魚たちが順調

もっとも成長を感じるのが、オロチ。

もともと採卵数が少なかったがゆえに餌の競争が少なかったからか、

そのほとんどが大きくなっている気がする。

 

で、家の東側で朝日を多いに浴びることができる場所にコストコのタフボックス(120L)

睡蓮鉢(50L)チャームたらい(56L)を大量に並べ、針子から脱した稚魚を入れていく。

ここは、私以外に世話をしてくれている奥さんが餌やりを混乱しないようにもう少し配置を煮詰めていきたい。

種親の移動予定

現在種親5匹に対して水量50L前後を確保し、良い環境で採卵出来るようにつとめてきたが、

一定数の採卵ができたことと、水量としても30L前後あれば良いように感じているので、

ホームセンターでたらいを入手して種親移動。針子を50Lたらいに移動して、

育成環境を強化していこうと思う。

しかし、稚魚が増え成長していくことでなんとか場所と水量を確保するものですね。

同居させてもらっている両親も、最初はたらいが増えていくことに怪訝な表情をしていたが、

中に泳ぐ稚魚が育っていくことに興味と関心が増しているようです。

 

関西は明日以降から梅雨入りになるのでしょうか?

対策を練ってメダカ達の体調管理をしていこうと思います。







-メダカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

めだかの屋外飼育 真冬編

めだかを屋外飼育で越冬させるにあたって 明日から一段と寒くなるみたいですね。 我が家は大阪の北部にあり、山も近いので北風が寒い! ウェザーニュースって夏は暑め 冬は寒めの週間予報をしてきますよね。 と …

雨のおかげではかどらない

今年の梅雨は災害そのものです。 今回被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。 とりあえず、写真を撮りながらメダカの世話を見る余裕もなく、 雨に打たれながら多少のメンテナンスや、様子を見るくらいで、 …

水換えポンプの工夫

水槽用排水ポンプについて おはようございます。 今回は我が家の水換えの道具についてです。 もともと市販のポンプでソイルを綺麗にできるものを使っていたのですが、 稚魚や卵も一緒に吸い上げてしまう。 ネッ …

雨降り対策

こんばんは。 今年の梅雨は豪雨でもなく、カラ梅雨でもなく満遍なく降りますね。 ナイロンたわしをたらいに挟んで、これで大丈夫! と安心していた私ですが、今日の夕方の雨の降りかたで認識を変えることになりま …

屋外飼育のメダカにエアレーションを導入する決心をしたわけ

メダカにエアレーションがおすすめの理由 屋外飼育のめだかの場合、基本的に水表面積が広い容器であれば エアレーションは不要だと考えています。 風や雨、水草、植物性プランクトンの光合成などで溶存酸素量が比 …