伊居太めだかのブログ

生態循環楽しんでいます

メダカ

真冬の屋外常温飼育からの出品

投稿日:

真冬のめだか常温飼育からの出品は寒すぎる

明けましておめでとうございます!

休みの間に出品しちゃえ!

ということで本日やる気を出して出品してみました。

水が冷たすぎて心が折れかけましたけどね!

透明鱗三色

色揚がりしてきている。

丹頂の個体も含めているので鑑賞にはおすすめの個体かな?

雲州三色 × あけぼの三色 白写り

これは渋めのチョイス。

安定して落札されているので継続して出品

 

雲州三色 × あけぼの三色

これも色揚がりよし

3色になっているものを選び出品

王妃

これは雌3 雄2で出そうとしましたが、

隙間に逃げ込もうと一部個体がパニクってしまい

少し怪我をしてしまったので養生させて雌2雄1での出品

 

そしてサファイア

これは育成容器でぱっと見地味だったのであまり意識していなかったが、

光を当てると印象がかなり変わる。

そしてデジカメよりもスマホの方が目で見た印象に近い。

撮影の妙を感じる個体。

しかし綺麗ですね!

↓から出品個体見ることができるのでご覧くださいませ

 

さて、本年もよろしくお願いします。

そして、素晴らしい個体を量産できるようにがんばります!







-メダカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬越しに向けての準備

稲わらにゾウリムシや納豆菌が存在し、それを餌にすることでメダカが栄養不足に陥ることなく生存率を上げる。 この理屈を理解した上に実験半分で、とある植物の葉を乾燥させて越冬用の隠れ家兼菌床として導入してみ …

ゾウリムシ培養に青汁

ゾウリムシ培養について こんにちは。 コロナ自粛休暇も残りわずか。この一ヶ月は徹底的にメダカに費やしました。 おそらくメダカに取り組むみなさんが通る道であろう、生クロレラ、ゾウリムシ、みじんこなど生き …

no image

2022年総括

22年総括 12月に入りめだ活もほぼ終わり、来季の種親を養生しながら過ごしています   この投稿をInstagramで見る   治療家 清水学(@gaku311)がシェアした投稿 …

稚魚用たらいの工夫

めだかの稚魚管理について 基本的にわが家の稚魚管理は品種ごとに容器分けをしていました。 しかし、シーズンオフ間際。 水量と日照を確保してベストなポジションで稚魚を育てていきたい。 また、ある程度のサイ …

no image

めだかの屋外飼育 真冬編

めだかを屋外飼育で越冬させるにあたって 明日から一段と寒くなるみたいですね。 我が家は大阪の北部にあり、山も近いので北風が寒い! ウェザーニュースって夏は暑め 冬は寒めの週間予報をしてきますよね。 と …