伊居太めだかのブログ

生態循環楽しんでいます

メダカ

めだかの屋外飼育 真冬編

投稿日:

めだかを屋外飼育で越冬させるにあたって

明日から一段と寒くなるみたいですね。

我が家は大阪の北部にあり、山も近いので北風が寒い!

ウェザーニュースって夏は暑め 冬は寒めの週間予報をしてきますよね。

とりあえず、木曜日を無事に乗り越えられるように細々動きましたが・・・

基本屋外は準備済みな部分が多くこれといってやること無し。

 

深い容器(大水量)稚魚や体力のなさそうな品種は軽くビニールで霜が降りないように。

あとは、、、水草や落ち葉がいい塩梅で入っているので、自然の環境に近くなっており、

凍結しても水面のみ。という状況になってくれるでしょう。

 

めだかの真冬の対応として移動と出品

我が家のオロチダルマ。

普通体型と一緒に育てていたから、体が小さく甘やかしたいおうで室内飼育。

しかし、これから室内とはいえ真冬。

加温で甘やかしてくれる方のところへ貰われた方が幸せなのでは?

などと感じることもありこの度出品。

まだまだ色揚がりしてくれる個体も多いと感じることも多々ございますが、

来年度の容器を空けていくためにもとにかく出品します。

 

よろしくお願いいたします。







-メダカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

稚魚用たらいの工夫

めだかの稚魚管理について 基本的にわが家の稚魚管理は品種ごとに容器分けをしていました。 しかし、シーズンオフ間際。 水量と日照を確保してベストなポジションで稚魚を育てていきたい。 また、ある程度のサイ …

メンドくさがり屋のゾウリムシ管理

ゾウリムシボトルのシェイクって面倒じゃないですか? ゾウリムシを導入した当初、毎日朝晩ボトルシェイクをしていたのですが、 ボトルシェイクを忘れる →  ゾウリムシ全滅 を繰り返してきました。 どうすれ …

no image

めだかを屋外で冬越しをするにあたって

めだかを屋外飼育で冬越しさせる 来年の種親や色揚げを考える場合屋外越冬は必須な気がして、オロチダルマ以外は 屋外で飼育する予定です。 今年の冬は実験も兼ねて、生存率を落とさないためにできることを徹底し …

no image

真菰ワラ枯れ草菌によるミジンコ増殖

ネタ切れ寸前の発見 真冬に向かいめだかの活性が落ちてきているので、餌やりの頻度も限りなく落ちています。 飼育水はグリーンウォーター化しているので水面に上がってきているタイミングにのみ餌やり。 餌も色揚 …

no image

真冬の屋外常温飼育からの出品

真冬のめだか常温飼育からの出品は寒すぎる 明けましておめでとうございます! 休みの間に出品しちゃえ! ということで本日やる気を出して出品してみました。 水が冷たすぎて心が折れかけましたけどね! 透明鱗 …