伊居太めだかのブログ

生態循環楽しんでいます

メダカ 生き餌

ゾウリムシ培養に青汁

投稿日:

ゾウリムシ培養について

こんにちは。

コロナ自粛休暇も残りわずか。この一ヶ月は徹底的にメダカに費やしました。

おそらくメダカに取り組むみなさんが通る道であろう、生クロレラ、ゾウリムシ、みじんこなど生き餌ももちろんです。

それぞれアマゾンや、メルカリ、ヤフオクなど販路が選べるので入手は簡単にできるのですが、

やはりお金はかけたくない。

そして、ゾウリムシに至っては、米のとぎ汁、PSB、エビオス、豆乳などで可能というお手軽さ。

この情報のおかげで、私のゾウリムシ導入の障壁はほぼなくなりました。

 

ゾウリムシ培養の基本

基本的に、余計なお金はかけずにゾウリムシを培養していきたい。

PSBは導入していない。生茶、エビオス錠も追加投資になるので、現状では導入は考えていない。

米のとぎ汁(タイミングが合えば)や豆乳は日常でよく使うので、

豆乳のパックをすすいで洗うときに豆乳すすぎ汁を培養ペットボトルに入れて、

培養ボトルが激臭になるくらい。分量が多すぎるわけですね。

栄養分をもう少し加減できたらいいのですが、ものぐさな部分が出てしまうわけです。

 

ゾウリムシ培養に適量な栄養分?

あくまで、適量な印象をえただけで、適切な栄養かどうかはわからないので実験。

サンキューお野菜キューサイの青汁 です。

水に薄めるとこんな感じです。

しかし、これは緑色の水であってグリーンウォーターではないので、

あくまでゾウリムシの栄養として。

それを注いでゾウリムシの増加具合をチェックしてみる。

青汁パックをすすぐ事ができるなら、追って確認をしてみよう。

 

生クロレラ → ゾウリムシ、みじんこ → 稚魚

 

をどこまで引き算で管理できるかが6月以降仕事に復帰してからの課題。

 

さて、昨日はメダカ飼育の師匠のところに行くことができまして、

そこで使う予定がない睡蓮鉢(水瓶?)を譲っていただけました。

水量としては50L程度が入るくらい大きなもの。

ここに、パイロットフィッシュとしてフルボディ(仮)幹之ペアと

その稚魚を入れてみた。稚魚は4月20日くらいから発生しており、

大きいものでは1,5cm程度まで成長しているので、試験的に同居させてみた。

親に食べられないサイズを選別したが、昨日〜今朝にかけて問題なさそうなので、

これからの成長の度合いを見て、今月中に別の稚魚もそれぞれ大きな容器に移動させて行く予定です。







-メダカ, 生き餌

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今更ながら日差し対策

こんばんは。もう八月も最終日。 関西はまだまだ暑い日が続きそうですね! しかし、今年は梅雨の感じもひどかったので、台風がどう影響するか気になります。 75%遮光ネットは100均で デフレに加担しまくり …

no image

メダカの撮影方法 Ver1

めだかの写真撮影手法を教わる めだかの師匠に先日撮影方法のetcを教わり、早速実践中。 詳しくは明日のブログに掲載します。   かなりイメージ近づいてきたけど、カメラのプレビューを見ながらじ …

no image

めだかを屋外で冬越しをするにあたって

めだかを屋外飼育で冬越しさせる 来年の種親や色揚げを考える場合屋外越冬は必須な気がして、オロチダルマ以外は 屋外で飼育する予定です。 今年の冬は実験も兼ねて、生存率を落とさないためにできることを徹底し …

雨の止み間に激餌

こんばんは。 今日の大阪北部は日中は曇り。晴れ間も少しありメダカの世話日和でした。 梅雨の雨降りにより餌やり自粛 メダカの口は上むきについており、水面に浮遊餌に対しては強いが、水底の餌には弱いのは、 …

激餌と日照不足の代償

こんばんは。 約1週間ぶりのブログになりました・・・。 本業が毎日手いっぱいで、昨日も休日返上で働いており今日タスクを全力で解消しました。 茶色いコケが容器に出ている 容器の周囲に茶色いコケ状のものが …