伊居太めだかのブログ

生態循環楽しんでいます

メダカ

真菰ワラ枯れ草菌によるミジンコ増殖

投稿日:

ネタ切れ寸前の発見

真冬に向かいめだかの活性が落ちてきているので、餌やりの頻度も限りなく落ちています。

飼育水はグリーンウォーター化しているので水面に上がってきているタイミングにのみ餌やり。

餌も色揚げ効果の期待できる餌を少し与える程度で、水温低下中の色揚がりを目指してコツコツ世話をしつつオークションで増えすぎためだかを調整しているわけです。

で、現在のコツコツ色揚げによる成果の一つ

で、この飼育容器に浮かべている浮遊物は真菰の枯葉を浮かべたもので、

ここに枯れ草菌などが増殖することを期待して配置しました。

 

真菰ワラから始まるミジンコ増殖機関

で、各飼育容器に真菰ワラを配置し、ついでにミジンコ容器にも真菰ワラを投入中

ミジンコ容器は基本的に水換え時に出た汚れ水を入れており、有機物まみれ。

そこに真菰ワラ枯れ草菌がどのように作用するのだろうかと本日観察してみましたが、

水温10度ちょっとでミジンコが爆増でした。

これ、春〜秋に同様のシステム作ったらどうなるんでしょうか・・・・

汚水有機物と枯草菌の反応すげぇ・・・

とりあえず想定で組み立てたわけですが、

枯草菌 → ゾウリムシ → ミジンコ

の順で増えればいいな・・・

と思っていたのが、晩秋に屋外常温でミジンコ1000匹近く採れるとは思わなかった・・・

ただ、ミジンコを掬った網の写真を撮っておけばよかったのですが、抜かったわけで、

この冬どこまでミジンコシステム稼働するのか確認をしつつ可能ならば冬場の生き餌を確保して

めだか越冬大会全員成功を目標にやっていこうと思います。

 

12月3日木曜終了でオークション出品しております。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/gakus0311?ngram=1&u=gakus0311







-メダカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2022年めだか飼育手抜きにはスポンジフィルターとエアレーション!

めだか飼育自戒日記 約一年以上放置していたブログですが、細々とめだかは続けております。     この投稿をInstagramで見る   治療家 清水学(@gaku311) …

雨の止み間に激餌

こんばんは。 今日の大阪北部は日中は曇り。晴れ間も少しありメダカの世話日和でした。 梅雨の雨降りにより餌やり自粛 メダカの口は上むきについており、水面に浮遊餌に対しては強いが、水底の餌には弱いのは、 …

no image

水換えの重要性

結論から言うと水換え超大事 媛めだかさんの動画を見て、勉強になったのですが、 水換えをする場合としない場合では、メダカの活性が変わると言うことでした。 グリーンウォーター飼育の場合、点滴の中を泳ぐよう …

コーナンたらい戦記

こんばんは。明日からは前線に伴う雨が降りはじめますね。 快晴の今日、コロナの影響でプラス1日の休みだったので動きまわった今日です。 角型タブ36型がちょうどいい! 値段よし。強度よし。内側の色・・・・ …

屋外飼育のメダカにエアレーションを導入する決心をしたわけ

メダカにエアレーションがおすすめの理由 屋外飼育のめだかの場合、基本的に水表面積が広い容器であれば エアレーションは不要だと考えています。 風や雨、水草、植物性プランクトンの光合成などで溶存酸素量が比 …