伊居太めだかのブログ

生態循環楽しんでいます

メダカ

メンドくさがり屋のゾウリムシ管理

投稿日:

ゾウリムシボトルのシェイクって面倒じゃないですか?

ゾウリムシを導入した当初、毎日朝晩ボトルシェイクをしていたのですが、

ボトルシェイクを忘れる →  ゾウリムシ全滅

を繰り返してきました。

どうすれば半放置(養分を与えるだけ)でゾウリムシを増やせるものか・・・

これもネットの情報にあったのですが、メダカキャリア10年超えの方から教えていただいた管理方法になります。

ドリルで蓋に穴を開ける。

これが私にとっての最適解。

シェイクをしなくても空気の供給ができ、ゾウリムシの呼吸を促せる。

手間がかからないので、全滅することもない。

我が家のゾウリムシはミドリゾウリムシ。

半日陰で管理をすることで体内のクロレラも維持しつつ米のとぎ汁で増殖を促す。

五日も放置しておけば増えているので手数は少なく管理できるので、非常にありがたい存在です。

とぎ汁を分解したゾウリムシの沈殿物やボトルの残りの管理

ボトルの底に沈殿物が出ますが、これをどのように管理するかですが、

先日ミジンコ水槽を立ち上げました。

簡単なもので、IKEAのトロファスト(20L)に生クロレラとドライイースト水を混ぜた上に

タネミジンコを放流。

日に日にミジンコは増殖しています。

ある意味微生物分解の水槽になりますね。

ここにゾウリムシのボトルの沈殿物などを注ぎ込むことでミジンコの餌にもなるし、

バクテリアの温床にもなるので、この水を使って水槽の立ち上げもできると思います。

あとは米のとぎ汁とイーストを溶かした水をゾウリムシとミジンコ間で回していけば、

メダカのごみの処理や水質活性にも活用できるので、生態循環がまた一つ出来上がるわけです。







-メダカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

百合と睡蓮鉢

  この投稿をInstagramで見る   メダカの交換した水をやりつづけたことで栄養が行き届き良い花が咲きました。 #メダカ #ユリ 清水 学(@gaku311)がシェアした投稿 …

no image

真冬の屋外常温飼育からの出品

真冬のめだか常温飼育からの出品は寒すぎる 明けましておめでとうございます! 休みの間に出品しちゃえ! ということで本日やる気を出して出品してみました。 水が冷たすぎて心が折れかけましたけどね! 透明鱗 …

稚魚達すくすく育っています

おはようございます。 コロナの影響で週に一度平日休みがある状態なので、今日も世話とブログにせっせと励みます。 5月初旬生まれの稚魚たちが順調 もっとも成長を感じるのが、オロチ。 もともと採卵数が少なか …

ゾウリムシ培養に青汁

ゾウリムシ培養について こんにちは。 コロナ自粛休暇も残りわずか。この一ヶ月は徹底的にメダカに費やしました。 おそらくメダカに取り組むみなさんが通る道であろう、生クロレラ、ゾウリムシ、みじんこなど生き …

冬越しに向けての準備

稲わらにゾウリムシや納豆菌が存在し、それを餌にすることでメダカが栄養不足に陥ることなく生存率を上げる。 この理屈を理解した上に実験半分で、とある植物の葉を乾燥させて越冬用の隠れ家兼菌床として導入してみ …