伊居太めだかのブログ

生態循環楽しんでいます

メダカ

水換えの重要性

投稿日:

結論から言うと水換え超大事

媛めだかさんの動画を見て、勉強になったのですが、

水換えをする場合としない場合では、メダカの活性が変わると言うことでした。

グリーンウォーター飼育の場合、点滴の中を泳ぐようなもので、

緩慢になっているのでしょうね。

その情報を得たことで、先日の休日、ほぼ全ての飼育容器の水換えを断行。

まあまあの量を水換えしました。

実際、淀んでいた水がクリアになり、稚魚やそれぞれの魚の活性はUPしたように感じています。

最低2週間に1度は水交換をしたほうがいいですね。

水換えの二日後には梅雨前線でえらい雨が降ったので、

また、水質が変わってしまったと思いますが、容器に粗塩を入れて浸透圧による体力低下を

補うようにサポートしておきました。

水換えついでにダルマを隔離する

我が家で飼育しているオロチメダカですが、メスの一匹がダルマ遺伝子強めのようで、

ダルマや半ダルマが出やすい可能性があります。

で、同じオロチの若魚の中に一緒に入れていても、サイズ差が出てしまうので、

隔離することにしました。朝日の入る出窓に水草多めで隔離。

現在は調子よく泳いでいます。

ある程度観察して、調子を崩すようでしたら即屋外に戻す予定です。

さらに、観察していると、三色錦透明鱗の中に期待できそうな個体がちらほら。

まだ、完品に到るまでの変化はわからない部分もあるので、断定できませんが、

愛情を持って育てていきます。

 

そして先日、噂の品種の卵を入手して、その針子を育てています。

もう少し安定したら、その旨報告していこうと思います。







-メダカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

色揚がり!

この投稿をInstagramで見る 清水 学(@gaku311)がシェアした投稿 – 2020年 9月月9日午後7時18分PDT

no image

手空きの多い冬場のめだか管理

冬場のめだか管理 ウチは、加温致しません。今年はその方向で考えてます。   本業もコロナの影響で週プラス1日程度休みがあったのが 11月くらいからスタッフの兼ね合いでプラスαの休日もなくなり …

冬越しに向けての準備

稲わらにゾウリムシや納豆菌が存在し、それを餌にすることでメダカが栄養不足に陥ることなく生存率を上げる。 この理屈を理解した上に実験半分で、とある植物の葉を乾燥させて越冬用の隠れ家兼菌床として導入してみ …

稚魚達すくすく育っています

おはようございます。 コロナの影響で週に一度平日休みがある状態なので、今日も世話とブログにせっせと励みます。 5月初旬生まれの稚魚たちが順調 もっとも成長を感じるのが、オロチ。 もともと採卵数が少なか …

ころたまボールもどきの改良

ころたまボール 優秀! こんにちは。今日もメダカ作業で熱中症になりそうでした。 さて、メダカの産卵床として、卵トリーナ系で水面付近を。ころたまボールもどきで水中の卵をキャッチしているわけですが、 メダ …