伊居太めだかのブログ

生態循環楽しんでいます

メダカ

メダカの色揚がりにおけるパワースポット

投稿日:2020年7月20日 更新日:

色揚がりのパワースポット

我が家にいる三色錦透明鱗

5月頭に採卵して育てた稚魚です。

実質二ヶ月ちょっと。

サイズ的に大きく出来ても、色揚がりは四ヶ月程度時間をかけると

良い色揚がりになってくるとメダカ育成の師匠に教わっておりましたが、

大体の個体はその例にもれなく、ボディサイズは大きく育っていても、

色は後から揚がってくるのだろうと思っていた。

しかし、上記の写真の三色錦の色は随分良い発色で、

育てていて見惚れるような良い朱が出ている。

 

これが、たらいを置く場所によって発生する

 

色揚がりのパワースポット効果???

 

なのかもしれない。

 

しかし、水の状態やバクテリアのバランスも抜群なのかもしれない。

活き餌や直射日光グリーンウォーターになりきらない程よい養分吸収素体の配置

もう少し、このたらいは足し水で管理してみようと思う。

アルビノ系メダカ2種類導入

とりあえず、龍の瞳と業界熱狂の王妃を稚魚、卵から導入

全力で甘やかして(エアレーションは無し)育成中。

『東向き トロファスト フルすだれ 生クロレラ ゾウリムシ 稚魚用粉末餌 ミジンコ(5匹程度を放ち 子ミジンコが活き餌)』

ただ、アルビノ系は視力が弱いのが良くわかる。

餌と見間違えるのか、良く稚魚同士で口パクパク食みあっていたりする。

とりあえずミジンコバランスを見ながら、ミジンコが過剰にならないようにコントロール中。

週一回生クロレラグリーンウォーター入れ替え。

これで王妃が小ぎれいに種親になれば歓喜。

黄色色素はすでに確認できるので、あとは今できる甘やかしを続けるだけ。

頑張れチームアルビノ!







-メダカ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

百合と睡蓮鉢

  この投稿をInstagramで見る   メダカの交換した水をやりつづけたことで栄養が行き届き良い花が咲きました。 #メダカ #ユリ 清水 学(@gaku311)がシェアした投稿 …

稚魚用たらいの工夫

めだかの稚魚管理について 基本的にわが家の稚魚管理は品種ごとに容器分けをしていました。 しかし、シーズンオフ間際。 水量と日照を確保してベストなポジションで稚魚を育てていきたい。 また、ある程度のサイ …

ころたまボールの真価

産卵床として役割分担 おはようございます。昨夜私が住んでいる地域は雨が強く、スポンジを挟んで溢水対策を取っているとはいえ、 稚魚容器が気になってなかなか寝付くことが出来なかったです。 台風の時に田んぼ …

雨のおかげではかどらない

今年の梅雨は災害そのものです。 今回被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。 とりあえず、写真を撮りながらメダカの世話を見る余裕もなく、 雨に打たれながら多少のメンテナンスや、様子を見るくらいで、 …

激餌と日照不足の代償

こんばんは。 約1週間ぶりのブログになりました・・・。 本業が毎日手いっぱいで、昨日も休日返上で働いており今日タスクを全力で解消しました。 茶色いコケが容器に出ている 容器の周囲に茶色いコケ状のものが …